ご挨拶

学会長 吉尾 博之

旭川荘療育・医療センター 副院長

 この度、「第34回日本母乳哺育学会」を2019年9月14日(土)、15日(日)の2日間に渡って岡山にて開催させていただくことになりました。会場は岡山県医師会館 三木記念ホールで、JR岡山駅改札口より歩道橋をそのまま徒歩3分の距離にありアクセスは非常によい所であります。岡山での開催は、2008年に当時の私の上司であった元国立病院機構岡山医療センターの山内芳忠先生が開催されて以来11年ぶりであります。今年の9月は3連休が2回あり、その内の1回を学会を兼ねて岡山に滞在し楽しんでいただければ大変うれしく存じます。

 

 学会テーマは、「次世代・未来につなぐ母乳育児」であります。母乳育児は、母親が自分のお乳をわが子に与えるという、ごく自然な行為であり昔も今も変わることのない不変の真理であります。しかし人間であるが故に、社会構造の複雑化、環境の変化、ネット社会による情報の氾濫等が生じ、それらに影響を受けた個人の考え、心理の多様化により一部であっても安易な人工乳哺育が行われているのも事実と思います。そのような状況の中で、本来の母乳育児の意味を若い世代に伝えていく意義は大きいと考えます。

 この学会は、母乳育児の科学的エビデンスをしっかりと見極めた上で、そのメリットを各個人の状況に合わせて最大限に生かしつつ、更に重要と思える母親、家族へのエモーショナルサポートを啓発、推進していくことを目的としております。このことは、単なる母乳育児一辺倒ではなく、医学的、社会的理由等で母乳育児が十分にできない母親、家族への支援も同時に重要であることは言うまでもありません。また今回は現在問題となっている「周産期メンタルヘルスケア」についてもシンポジウムを設け、特別講演には前日本周産期メンタルヘルス学会理事長、岡野禎治 三重大学名誉教授をお招きしております。更に他に母乳育児には欠かせないいくつかのテーマについて、第一線でご活躍されている先生方にご講演をお願いしています。

 昨年、災害が少ないと思われていた岡山で倉敷市真備町を中心とした大きな水災害が起きました。私も大変ショックであり被災された方々には心からお見舞い申し上げます。今後各地で起こりうる災害に対して液体ミルクの導入が始まっています。これはこれで大変重要なことと思いますが、しかし液体ミルクが独り歩きして本来の母乳育児が損なわれては本末転倒です。

 今回の懇親会は岡山城を予定しており、私も初めての試みなのでワクワクしておりますが、城で旨い酒を酌み交わしながら将来を見据えた母乳育児について皆様と語り合えることを大変楽しみにしております。

第34回母乳哺育学会学術集会 | 岡山市 | 母乳育児 

会長 吉尾 博之

学会事務局:医療法人サン・クリニック

岡山市中区中井2丁目15番13号

www.sunclinic.org

TEL : 086-275-3366 FAX : 086-275-3663

Email : bonyu34@sunclinic.org 

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle
日本母乳哺育学会